m3.com トップ > 学会速報 > 第48回 欧州糖尿病学会(EASD2012)> 取材速報

第48回 欧州糖尿病学会(EASD2012)  【開催期間:2012年10月1日~5日】

2型糖尿病患者の食事療法、1日2回の方が6回に比べ有効な可能性

2012年10月4日 

 2型糖尿病患者に対する食事療法に関して、一定のエネルギー制限を継続するよりも、極端な低エネルギー、あるいは断食を間欠的に取り入れたり、食事の回数を変える方がより効果が高いなど、さまざまな報告がある。回数に関しては少量の食事を何回にも分けて摂取することを支持する考えがある一方、同じエネルギーであれば十分な食事を1日1回摂る方が少ない食事を1日6回に分けて摂るよりも、食後の熱産生反応が高まりエネルギー消費につながるとの報告も見られる。チェコ・Institute for Clinical and E... 続きを読む