m3.com トップ > 学会速報 > 第48回 欧州糖尿病学会(EASD2012)> 取材速報

第48回 欧州糖尿病学会(EASD2012)  【開催期間:2012年10月1日~5日】

2型糖尿病患者の心血管死・総死亡、コペプチンがバイオマーカーに

2012年10月4日 

 コペプチン(Copeptin、CT-pro AVP)は、抗利尿ホルモン(ADH)であるバソプレシン(AVP)の前駆体が作られる過程で産生される物質であり、AVPの代替マーカーである。オランダ・フローニンゲン大学医療センターのIneke J. Riphagen氏らは、2型糖尿病患者における心血管死および総死亡のバイオマーカーとしてのコペプチンの有用性を検討したZODIAC(Zwolle Outpatient Project Integrating Available Care)試験を実施し、10... 続きを読む