m3.com トップ > 学会速報 > 第48回 欧州糖尿病学会(EASD2012)> 取材速報

第48回 欧州糖尿病学会(EASD2012)  【開催期間:2012年10月1日~5日】

リラグルチドの耐糖能改善作用、グルカゴン負荷後6分のCPR値が指標に

2012年10月5日 

 GLP-1受容体作動薬リラグルチドは2型糖尿病の耐糖能の改善作用を有することが過去の文献で報告されているが、耐糖能は血糖コントロールや体重の変化によっても影響を受けるため、長期治療における検討では、リラグルチドの直接の耐糖能改善効果を明らかにすることは難しい。そこで、神戸大学大学院医学研究科糖尿病・代謝・内分泌内科学の松田友和氏らはリラグルチドの短期治療試験を行い、リラグルチドの耐糖能へ与える影響およびインスリン分泌・血糖変動に対するリラグルチドの効果予測因子について検討し、10月3日に発表し... 続きを読む