m3.com トップ > 学会速報 > 第48回 欧州糖尿病学会(EASD2012)> 取材速報

第48回 欧州糖尿病学会(EASD2012)  【開催期間:2012年10月1日~5日】

血糖測定器Glycolaser、非侵襲的な血糖測定の実現に近づく

2012年10月7日 

 血糖自己測定(SMBG)の技術は、その正確度(accuracy)、使いやすさ、安全性の面で過去数十年の間に著しい進歩を遂げた。しかし、1日数回、指先を穿刺する必要性は現在まで変化が見られず、糖尿病におけるストレスの一つとなっている。非侵襲的に血糖を測定できる方法の研究が数多く行われているが、血糖は他の血液要素と異なり、間接的な測定が難しいことから、実用レベルに達したものはない。イタリア・サン・ラファエル科学研究所のMarina Scavini氏らは穿刺の必要がない非侵襲的なSMBG機器Glyc... 続きを読む