m3.com トップ > 学会速報 > 第74回 日本臨床外科学会総会> 取材速報

第74回 日本臨床外科学会総会  【開催期間:2012年11月29日~2012年12月1日】

大腸がん待機手術、真皮縫合でSSI発生率が非劣性

2012年12月1日 

 真皮縫合は形成外科や産科、整形外科などの領域で用いられ、金属ステイプラーや全層縫合に比し、疼痛軽減や整容性の面で優れることが報告されている。下部消化管手術でも真皮縫合を用いることで、患者QOLの向上が期待できるが、一方で形成外科などの手術に比べ、手術部位感染(SSI)に特に注意を要する。そこで東海大学消化器外科の田中彰氏らは、大腸がんの待機手術を対象に真皮縫合と全層縫合の非劣性を検証するランダム化比較試験を実施し、その結果を11月30日に発表した。  対象となっ... 続きを読む