m3.com トップ > 学会速報 > 第74回 日本臨床外科学会総会> 取材速報

第74回 日本臨床外科学会総会  【開催期間:2012年11月29日~2012年12月1日】

大腸がん腸管吊り上げReduced Port Surgeryの長期成績

2012年12月1日 

 大腸がん腹腔鏡下手術でも、低侵襲および整容性の向上を目的として、Reduced Port Surgery(RPS)が試みられているが、まだ新しい技術であり、長期成績はほとんど得られていない。横浜市立大学消化器病センター(現 NTT東日本関東病院外科)の藤井正一氏らは、2000年から腸管吊り上げ法(colon lifting-up technique;CLT)を用いたRPSを施行しており、その長期成績を追跡している。藤井氏はCLTを用いたRPSと多孔式腹腔鏡下手術の短期・長期船籍を比較し、11... 続きを読む