m3.com トップ > 学会速報 > 第74回 日本臨床外科学会総会> 取材速報

第74回 日本臨床外科学会総会  【開催期間:2012年11月29日~2012年12月1日】

軽量メッシュで異物感低下、ヘルニア手術RCT

2012年12月3日 

 鼠径ヘルニア手術では、腹腔鏡下を含め多種多様な術式が試みられている。その中で一般的に前方アプローチによる修復術が主流となっており、メッシュプラグ法が広く普及している。メッシュプラグ法において、術後QOLの改善を期してlightweight mesh(軽量メッシュ)の使用が普及しつつあるが、その評価は十分ではない。そこで、名古屋第二赤十字病院一般消化器外科(現 名古屋大学大学院医学系研究科腫瘍外科学)の廣瀬友昭氏らは鼠径ヘルニアのメッシュプラグ法におけるlightweight meshとheav... 続きを読む