m3.com トップ > 学会速報 > 第26回 日本冠疾患学会> 取材速報

第26回 日本冠疾患学会  【開催期間:2012年12月14日~15日】

急性非代償性心不全、基礎疾患による予後因子

2012年12月15日 

 急性非代償性心不全では基礎疾患により予後に差を認めることが報告されている。一般的に虚血性心不全は非虚血性心不全に比べ長期生命予後が不良とされているが、虚血性心疾患による急性非代償性心不全の予後因子については十分明らかになっていない。国立循環器病研究センター心臓血管内科の黒澤毅文氏らは急性非代償性心不全の前向き登録データベース(nCASCADE)を用い、臨床的特徴および予後因子を検討、12月14日の優秀演題で報告した。  nCASCADEは国立循環器病研究センター... 続きを読む