m3.com トップ > 学会速報 > 第85回 日本胃癌学会> 取材速報

第85回 日本胃癌学会  【開催期間:2013年2月27日~2013年3月1日】

ピロリ除菌後胃癌の特徴とサーベイランス間隔

2013年3月2日 

 2013年2月、ヘリコバクター・ピロリ(HP)感染胃炎に対するHP除菌治療が保険適用として認められた。HP除菌は胃癌の発生を抑制することが期待されているが、一方でHP除菌後でも一定の割合で胃癌発生が見られることが報告されている。そこで、石川県立中央病院消化器内科の中西宏佳氏らはHP除菌後胃癌の特徴と適切なサーベイランス間隔について検討し、3月1日のワークショップで報告。中西氏はHP除菌後胃癌は平坦陥凹型で腫瘍径が小さいものが多く、胃温存の観点から、HP除菌後も少なくとも年1回のサーベイランスが... 続きを読む