m3.com トップ > 学会速報 > 第77回 日本循環器学会> 取材速報

第77回 日本循環器学会  【開催期間:2013年3月15日~17日】

EF保たれた心不全、心拍数と心血管死が関連

2013年3月16日 

 心拍数の上昇は左室駆出率(EF)が低下した心不全患者(HFrEF)において予後不良因子であることが報告されている。一方、EFが保たれた心不全患者(HFpEF)において、心拍数と予後の関係について検討した研究は少なく、一定の結論は得られていない。東北大学循環器内科の高田剛史氏らは、拡張障害が主体となるHFpEFでは、心拍数の上昇に伴う拡張期の短縮が心機能に及ぼす影響が大きいという仮説を立て、東北慢性心不全登録研究2(CHART-2研究)のデータを用いて検証、その結果を3月15日のLate Bre... 続きを読む