m3.com トップ > 学会速報 > 第77回 日本循環器学会> 取材速報

第77回 日本循環器学会  【開催期間:2013年3月15日~17日】

日本人ACS患者、病型別のイベント発生率

2013年3月17日 

 日本では欧米と比べ、冠動脈疾患や動脈硬化性疾患のリスクが低いことが知られているものの、近年は徐々に増加傾向にある。そこで、日本人の急性冠症候群(ACS)患者を対象に、急性期および長期の治療成績を評価する目的で実施された前向き観察研究がPACIFICレジストリである。3月15日のLate Breaking Cohort Studiesで順天堂大学循環器内科の代田浩之氏がPACIFICレジストリのデータを発表。代田氏は海外などの報告と比較して、入院中および長期的な成績ともに良好な結果が示されたと解... 続きを読む