m3.com トップ > 学会速報 > 第53回 日本呼吸器学会> 取材速報

第53回 日本呼吸器学会  【開催期間:2013年4月19日~21日】

間質性肺炎の急性増悪、PMX-DHPで予後改善

2013年4月19日 

 特発性間質性肺炎(IIP)の急性増悪は有効な治療法が確立されておらず、予後不良である。しかし、近年エンドトキシン吸着療法(PMX-DHP)の有効性を支持する報告が散見され、酸素化の改善、LDH・KL-6の改善、CT所見の改善、抜管成功や短期予後の改善などが報告されている。そこで国立病院機構 山口宇部医療センター呼吸器科の大石景士氏らは、自験例をもとにIIP急性増悪に対するPMX-DHPの有効性(長期予後)および予後因子についてレトロスペクティブに解析を行い、4月19日のミニシンポジウムで発表し... 続きを読む