m3.com トップ > 学会速報 > 第53回 日本呼吸器学会> 取材速報

第53回 日本呼吸器学会  【開催期間:2013年4月19日~21日】

最重症COPD、気管支鏡的肺容量減少療法の有効性

2013年4月20日 

 最重症COPDの治療として、かつて肺容量減少手術が注目されたが、現在ではその適応や有効性の問題から施行されることは少ない。しかし、内科的治療では限界のある最重症COPDにおいて、たとえ一時的であっても症状緩和に対する期待は高い。そこで、近年では肺切除を伴わない気管支鏡的肺容量減少療法(BLVR)が検討されている。国立病院機構姫路医療センター呼吸器内科の水守康之氏らは、自己血とトロンビンを用いたBLVR(小林英夫ほか. 日本呼吸器学会雑誌47:765-71, 2009)の有効性を自験例で検討し、... 続きを読む