m3.com トップ > 学会速報 > 第53回 日本呼吸器学会> 取材速報

第53回 日本呼吸器学会  【開催期間:2013年4月19日~21日】

COPD患者の気腫性病変、分布不均等で肺拡散能低下

2013年4月19日 

 慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者において、胸部CTを用いて評価した気腫性病変の程度と肺機能が関連することが報告されており、気腫性病変の定量化の有用性が示唆されている。一方、気腫性病変の肺内の分布と肺機能の関連については十分明らかになっていない。そこで、滋賀県立成人病センター呼吸器内科の田辺直也氏らは、過去の報告を踏まえ肺気腫病変の頭尾方向への分布の均等性または不均等性が肺機能に関連するとの仮説を立て、その仮説を検証。4月20日のミニシンポジウムで報告した。田辺氏は、COPD患者における気腫性病... 続きを読む