m3.com トップ > 学会速報 > 第56回 日本糖尿病学会> 取材速報

第56回 日本糖尿病学会  【開催期間:2013年5月16日~18日】

肥満者の高炭水化物摂取、非肥満者の高脂質摂取が糖尿病発症リスク上昇と関連

2013年5月16日 

 食習慣が糖尿病の発症に大きな影響を及ぼすことは周知だが、炭水化物、脂質の摂取量が将来の糖尿病発症にどのような影響を及ぼすのか十分に検討されていない。なお、「日本人の食事摂取基準(2010年版)」では、成人における摂取エネルギー比率の目標量を炭水化物50%以上70%未満、脂質20%以上25%未満(30歳以上)としており、日本糖尿病学会は糖尿病における炭水化物の摂取エネルギー比率50-60%を目安とすることを推奨している。そこで金沢医科大学公衆衛生学の櫻井勝氏らは、職域の日本人中年男女を対象とした... 続きを読む