m3.com トップ > 学会速報 > 第56回 日本糖尿病学会> 取材速報

第56回 日本糖尿病学会  【開催期間:2013年5月16日~18日】

尿糖値、腎症病期、罹病期間を用いたスコアで重症低血糖を予測

2013年5月17日 

 大規模臨床試験により重症低血糖が糖尿病患者の死亡リスクと関連することが示唆されているが、現在、患者の無自覚性低血糖を予測することは困難である。そこでKKR札幌医療センター代謝内分泌科の堀川敬氏らは、日常診療で簡便に得られる情報(パラメータ)を用いて、HbA1c (NGSP値)7.4%未満の2型糖尿病患者を対象に低血糖発生予測のためのスコアリングシステムを検証し、5月16日に発表した。堀川氏は食後2時間尿糖最大値、腎症病期、罹病期間に基づくスコアで重症低血糖を予測できる可能性が示されたと解説した... 続きを読む