m3.com トップ > 学会速報 > 第56回 日本糖尿病学会> 取材速報

第56回 日本糖尿病学会  【開催期間:2013年5月16日~18日】

糖毒性患者のインスリン導入、グルカゴン負荷試験ΔCPRがインスリン離脱を予測

2013年5月18日 

 高血糖・糖毒性状態にある2型糖尿病患者に強化インスリン療法を導入して糖毒性を解除した後、インスリンから離脱できる患者がいる一方で、そのままインスリンを必要とする患者も存在する。現在、インスリンから離脱可能かどうか予測する患者因子についての報告は少なく、十分に明らかになっていない。そこで、国立病院機構岡山医療センター糖尿病・代謝内科の肥田和之氏らは、糖毒性状態の患者に強化インスリン療法を導入し、6ヵ月以内のインスリン離脱を予測できる内因性インスリン分泌能マーカーおよび患者背景因子を検討し、5月1... 続きを読む