m3.com トップ > 学会速報 > 第56回 日本糖尿病学会> 取材速報

第56回 日本糖尿病学会  【開催期間:2013年5月16日~18日】

糖毒性軽減後に経口薬でコントロール可能な2型糖尿病患者、インスリン分泌指標で予測

2013年5月20日 

 2型糖尿病患者の糖毒性の解除にはインスリン治療が有用であり、糖毒性軽減後の糖尿病治療薬を選択する際には、内因性インスリン分泌能の評価が参考になる。しかしながら、糖尿病治療薬選択におけるインスリン分泌指標の明確なカットオフ値は十分明らかになっていない。そこで、大阪大学医学部附属病院内分泌・代謝内科の山本裕一氏らは、糖毒性軽減後に経口血糖降下薬で治療を行った入院2型糖尿病患者を対象に、血糖コントロール良好を予測する指標について検討を行い、5月18日に報告した。山本氏は、75g経口糖負荷試験後120... 続きを読む