m3.com トップ > 学会速報 > 第56回 日本糖尿病学会> 取材速報

第56回 日本糖尿病学会  【開催期間:2013年5月16日~18日】

フレックスタッチ、日本人2型糖尿病患者でイノレットに比べ手指機能障害に関わらず評価良好

2013年5月20日 

 糖尿病患者では手のこわばり、手指の動きの制限、神経障害などの手指機能障害が多く見られることが明らかにされているが、インスリン自己注射や糖尿病自己管理において手指機能障害の影響を含めて評価した研究は少ない。新潟薬科大学薬学部臨床薬学研究室の朝倉俊成氏らは、手指機能障害例を含めた日本人2型糖尿病患者を対象に、持効型インスリンデグルデクのプレフィルド型ペン型注入器フレックスタッチと従来の注入器イノレットの選びやすさ、使いやすさなどを比較検討された結果を、5月18日に発表した。朝倉氏は手指機能障害の有... 続きを読む