m3.com トップ > 学会速報 > 第73回 米国糖尿病学会(ADA2013)> 取材速報

第73回 米国糖尿病学会(ADA2013)  【開催期間:2013年6月21日~25日】

筆記表現法の短期効果、2型糖尿病の心理的ストレス減少

2013年6月22日 

 2型糖尿病患者に対する補助的な心理社会的な治療は、臨床的なアウトカムとウェルビーイング(心理的健康度)を高める可能性が報告されている。しかし、そのような治療の多くは、手間がかかり、そのためにコストの負担が大きいという問題がある。そこで米国University ParkのJan Ulbrecht氏らは、2型糖尿病患者を対象に、簡便な感情自己管理の介入法である構造化筆記表現法の有用性を検討し、6月21日に発表した。Ulbrecht氏は構造化筆記表現法を用いた短期的な介入により、患者の心理的ストレス... 続きを読む