m3.com トップ > 学会速報 > 第73回 米国糖尿病学会(ADA2013)> 取材速報

第73回 米国糖尿病学会(ADA2013)  【開催期間:2013年6月21日~25日】

デグルデクとアスパルトの配合剤IDegAsp、IDegによる安定した持続時間とIAspによるピークを示す

2013年6月24日 

 インスリン デグルデク(以下、デグルデク)70%とインスリン アスパルト(以下、アスパルト)30%の配合剤(以下、IDegAsp)は、1回の投与で長時間にわたる基礎インスリンおよび食事時の追加インスリンを補充できる溶解型のインスリン製剤である。基礎インスリン補充を担うデグルデクの半減期は24時間を超えることから、1日1回投与を続けることで、インスリンの濃度が重なり合い、2~3日後に定常状態に達したときに平坦な血糖降下作用が得られる。そこでProfil Institut fuer Stoffwe... 続きを読む