m3.com トップ > 学会速報 > 第73回 米国糖尿病学会(ADA2013)> 取材速報

第73回 米国糖尿病学会(ADA2013)  【開催期間:2013年6月21日~25日】

腸内細菌叢の除菌で食後血糖値とインスリン分泌低下、健康男性の検討

2013年6月24日 

 腸内細菌叢が糖代謝に関与しているとするデータが蓄積されつつあるが、腸内細菌叢の変化が糖代謝に与える影響をヒトで検討した研究はほとんど行われていない。デンマーク・コペンハーゲン大学病院のKristian H. Mikkelsen氏らは、腸内細菌叢の除菌が食後糖代謝に及ぼす影響を検討したERA試験の結果を6月23日に報告した。Mikkelsen氏は広域抗菌薬による腸内細菌叢の除菌の結果、食後血糖値および食後インスリン分泌の低下を認め、今後は詳細なメカニズムの検討を計画していると解説した。 ... 続きを読む