m3.com トップ > 学会速報 > 第73回 米国糖尿病学会(ADA2013)> 取材速報

第73回 米国糖尿病学会(ADA2013)  【開催期間:2013年6月21日~25日】

メトホルミン治療2型糖尿病におけるSGLT2阻害薬カナグリフロジンとシタグリプチンの比較試験

2013年6月25日 

 カナグリフロジン(以下、CANAとする)はSGLT2(ナトリウム・グルコース共輸送体2)阻害薬の一つであり、米国では成人2型糖尿病の血糖コントロールのため、食事・運動後の治療として承認されている。これまで、複数の第III相試験で、CANAは2型糖尿病患者のHbA1cや空腹時血糖値(FPG)、体重を減少させることが報告されている。メキシコ・モンテレイにあるヌエボ・レオン州立自治大学のFernando Lavalle Gonzalez氏は今回、メトホルミン(以下、METとする)を服用している2型糖... 続きを読む