m3.com トップ > 学会速報 > 第73回 米国糖尿病学会(ADA2013)> 取材速報

第73回 米国糖尿病学会(ADA2013)  【開催期間:2013年6月21日~25日】

低血糖の無自覚性が生じるメカニズムとその治療アプローチ

2013年6月27日 

 低血糖への不安は患者の治療アドヒアランスを低下させ、良好な血糖コントロールを目指す上での障害となるが、さらに低血糖を繰り返すことで、低血糖に対する拮抗反応が減弱し、低血糖の自覚が失われるという問題がある。このような無自覚性低血糖では、手の震えや発汗などの低血糖特有の症状が現れず、突然昏睡に至る可能性があり、特に注意を要する病態と言える。6月25日に行われたシンポジウム「Defective Hypoglycemia Counterregulation in Diabetes Mellitus ... 続きを読む