m3.com トップ > 学会速報 > 第49回 欧州糖尿病学会(EASD2013)> 取材速報

第49回 欧州糖尿病学会(EASD2013)  【開催期間:2013年9月23日~27日】

デグルデクとアスパルトの新しい配合インスリン製剤IDegAsp、用量比例的な血糖降下作用を認める

2013年9月28日 

 インスリン デグルデク(以下、デグルデク)70%とインスリン アスパルト(以下、アスパルト)30%の配合注(以下、IDegAsp)は、基礎インスリンと食事時の追加インスリンを一度に補うことが可能な新しい溶解型のインスリンアナログ製剤である。IDegAspは持効型溶解インスリンと超速効型インスリンを含有する世界初の配合注であることから、臨床用量での用量比例性(dose proportionality)を確認することは有用と考えられる。そこでProfil Institut für Sto... 続きを読む