m3.com トップ > 学会速報 > 第49回 欧州糖尿病学会(EASD2013)> 取材速報

第49回 欧州糖尿病学会(EASD2013)  【開催期間:2013年9月23日~27日】

デグルデクとアスパルトの配合注IDegAsp、BIAsp30に比べ空腹時血糖改善、アジア人2型糖尿病

2013年9月30日 

 2型糖尿病患者の病態はアジアと欧米で異なることが報告されており、アジア人の2型糖尿病はより若年で発症し、BMIも低い傾向がある。このような人種的背景は、インスリン治療に対する反応にも影響を及ぼす可能性が示唆されている。新しい配合注IDegAspは、インスリン デグルデク(以下、デグルデク)70%とインスリン アスパルト(以下、アスパルト)30%を含有し、1回の投与で平坦で安定した基礎インスリンと食後の追加インスリンを補えることから、臨床での応用に期待が集まっている。今回、デンマーク・オーフス大... 続きを読む