m3.com トップ > 学会速報 > 第51回 日本癌治療学会学術集会> 取材速報

第51回 日本癌治療学会学術集会  【開催期間:2013年10月24日~26日】

大腸がんL-OHP間欠投与、末梢神経障害の予防に有用か?

2013年10月25日 

 ベバシズマブ(BV)を併用したオキサリプラチン(L-OHP)ベースの化学療法は進行再発大腸がんに対する標準的化学療法の一つとして位置づけられているが、L-OHPによる蓄積性末梢神経障害が治療の支障となることがある。欧米ではL-OHPの間欠的投与方法による治療効果が報告されているが、日本人における有用性と安全性は明らかになっていない。そこで東北大学病院腫瘍内科の加藤俊介氏らは、日本人進行再発大腸がん患者を対象に、L-OHPの間欠的投与方法の有効性および末梢神経障害に関する安全性について検討し、1... 続きを読む