m3.com トップ > 学会速報 > 第22回 世界糖尿病会議(IDF2013)> 取材速報

第22回 世界糖尿病会議(IDF2013)  【開催期間:2013年12月2日~6日】

2型糖尿病の高タンパク質食、腎機能に影響及ぼさず

2013年12月4日 

 高タンパク質の食事療法が2型糖尿病患者やアルブミン尿を呈する患者の腎機能や糖・脂質代謝に及ぼす影響は十分明らかになっていない。そこで南オーストラリア大学のEva Pedersen氏らは、アルブミン尿and/or腎機能障害を呈する2型糖尿病患者において、炭水化物に対してタンパク質の比が高い食事による減量が腎機能、血糖、および脂質代謝に及ぼす影響について検討し報告した。Pedersen氏は、アルブミン尿and/or腎機能障害を呈する2型糖尿病患者において、高タンパク質食は標準食と同様に、体重が減少... 続きを読む