m3.com トップ > 学会速報 > 第22回 世界糖尿病会議(IDF2013)> 取材速報

第22回 世界糖尿病会議(IDF2013)  【開催期間:2013年12月2日~6日】

細小血管障害リスク、若年で罹病期間長い2型糖尿病で上昇

2013年12月6日 

 心血管疾患リスクを有する2型糖尿病患者を対象に行われた大規模臨床試験ADVANCE試験では、強化療法により細小血管障害は有意に抑制されたものの、大血管障害の有意な抑制は得られなかった。そこで、オーストラリア・シドニー大学ジョージ国際保健研究所のJohn Chalmers氏らは、心血管疾患への影響が考えられる年齢および糖尿病罹病期間でADVANCE試験の対象者を層別化し、血管障害との関連を検討、その結果を12月5日に発表した。Chalmers氏は大血管障害と異なり、細小血管障害はより若年で糖尿病... 続きを読む