m3.com トップ > 学会速報 > 第78回 日本循環器学会> 取材速報

第78回 日本循環器学会  【開催期間:2014年3月21日~23日】

体位で変化する脈圧、虚血性心疾患予測に有用

2014年3月22日 

 仰臥位や立位など、体位の変化に伴い血圧は変化するが、その臨床的意義は十分に明らかになっていない。そこで、東京大学医学部附属病院循環器内科の高田宗典氏らは、体位の変化に伴う血圧および脈圧の変化と冠動脈疾患との関連を検討して3月22日に発表した。高田氏は、体位の変化に伴う脈圧の変化は、虚血性心疾患を予測するのに有用な可能性があると解説した。  対象となったのは、2012年4月から2013年6月に、虚血性心疾患の診断目的にトレッドミル検査を実施した連続124人。5分間... 続きを読む