m3.com トップ > 学会速報 > 第58回 日本リウマチ学会> 取材速報

第58回 日本リウマチ学会  【開催期間:2014年4月24日~26日】

生物学的製剤の導入でRA労働生産性改善

2014年4月25日 

 関節リウマチ(RA)は、治療にかかる薬剤費や手術費などの直接的な医療費のみでなく、身体機能低下に伴う労働制限などにより、生産性の損失といった間接的な費用の問題も生じてくる。そこで、東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センターの田中栄一氏らは、日本人RA患者を対象に、労働生産性および活動障害に対する生物学的製剤の影響を検討し4月25日に発表した。田中氏は、生物学的製剤の導入により、日本人RA患者において労働生産性が改善することが示されたと解説した。  今回の解析... 続きを読む