m3.com トップ > 学会速報 > 第57回日本糖尿病学会> 取材速報

第57回日本糖尿病学会  【開催期間:2014年5月22日~24日】

低炭水化物食、2型糖尿病発症リスク増減見られず

2014年5月23日 

 近年、低炭水化物食(糖質制限食)は、短期的な体重減量や動脈硬化リスクの改善に有効であることが示唆されている。一方で長期的な糖代謝への影響については十分に明らかとなっていない。そこで国立国際医療研究センター糖尿病研究部の能登洋氏らは、低炭水化物食に伴う2型糖尿病発症リスクについてメタ解析を実施し、その結果を5月22日に報告した。能登氏は、低炭水化物食に伴う2型糖尿病発症リスクには、有意な増減がないことが示唆されたと解説した。  今回のメタ解析には、Medline、... 続きを読む