m3.com トップ > 学会速報 > 第57回日本糖尿病学会> 取材速報

第57回日本糖尿病学会  【開催期間:2014年5月22日~24日】

グリコアルブミン、季節により血糖値と乖離する可能性

2014年5月26日 

 グリコアルブミン(GA)は過去2-3週間の血糖状態を反映し、HbA1c値とともに血糖コントロールの指標として用いられている。HbA1c値には季節変動があることが報告されているため、慶應義塾大学病院腎臓内分泌代謝内科の田中花林氏らは、GAにも季節変動や気温との相関があるかについて6年間の検査値を分析し、その結果を5月23日に報告した。田中氏は、GAとHbA1c値はいずれも随時血糖値(PG)と相関していたものの、PGとHbA1c値で見られた季節変動がGAでは認められず、GAは時期によってはPGを必... 続きを読む