m3.com トップ > 学会速報 > 第59回日本透析医学会学術集会> 取材速報

第59回日本透析医学会学術集会  【開催期間:2014年6月12日~15日】

長期血液透析患者の血清β2MG濃度、左室肥大と正相関

2014年6月14日 

 アミロイドの前駆体であるβ2-microgroblin(β2MG)の血清濃度上昇は、血液透析患者における心血管疾患リスクや予後不良と関連することが示さており、特に長期透析血液患者では心臓を含む全身へのβ2MGアミロイド沈着が報告されている。しかし、β2MGアミロイドの沈着が心臓に与える直接的な影響は不明である。そこで、大阪市立大学大学院医学研究科代謝内分泌病態内科学・腎臓病態内科学の増田美生氏らが、長期透析患者の透析前β2MG濃度と心エコー所見との関連を検討し6月13日に発表した。増田氏は、長... 続きを読む