m3.com トップ > 学会速報 > 第59回日本透析医学会学術集会> 取材速報

第59回日本透析医学会学術集会  【開催期間:2014年6月12日~15日】

透析患者の腎性貧血治療達成率、都道府県で大きな差

2014年6月15日 

 日本の透析医療に地域差の存在することは従来から指摘されているが、貧血の地域差については詳細な検討がなされてこなかった。そこで、日本透析医学会統計調査委員会・解析小委員会のメンバーでもある広島国際大学の尾形聡氏らは、腎性貧血治療ガイドラインの達成率を貧血管理の評価尺度として、同ガイドライン達成率を都道府県別に検討。尾形氏は、透析患者の貧血管理状況は、都道府県で大きなばらつきがあり、腹膜透析患者ではその差がさらに大きかったと発表した。  日本透析医学会透析調査委員... 続きを読む