m3.com トップ > 学会速報 > 第59回日本透析医学会学術集会> 取材速報

第59回日本透析医学会学術集会  【開催期間:2014年6月12日~15日】

経口クエン酸第二鉄、静注鉄よりも酸化ストレス抑制

2014年6月15日 

 2008年版日本透析医学会が策定した「慢性腎臓病患者における腎性貧血治療のガイドライン」(以下、ガイドライン)では、貯蔵鉄過剰のマーカーとしてフェリチンとその上限等が提唱されているが、これらのエビデンスは欧米の研究結果によるため、日本人CKD患者に適応可能か疑問が持たれている。そこで、東京女子医科大学腎臓病総合医療センター血液浄化療法科の秋葉隆氏が、この疑問に答えるべく、6月13日に開催されたワークショップ「腎性貧血治療の課題を考える」に登壇した。秋葉氏は「鉄欠乏マーカーと慢性炎症」について解... 続きを読む