m3.com トップ > 学会速報 > 第59回日本透析医学会学術集会> 取材速報

第59回日本透析医学会学術集会  【開催期間:2014年6月12日~15日】

レストレスレッグス症候群が血液透析患者の生命予後リスク

2014年6月16日 

 血液透析患者ではレストレスレッグス症候群(RLS)が健常人と比べて高頻度に認められ、QOLの低下が懸念されている。さらに、RLSが生命予後の低下や心血管疾患死と関連するという海外の報告もある。そこで、三軒茶屋病院の大坪茂氏らは、血液透析患者におけるRLSと生命予後の関連について検討し、その結果を6月14日に発表した。大坪氏は、RLSはわが国においても透析患者の生命予後の独立した危険因子であると解説した。  本研究は、RLSの問診をし得た透析患者67人を対象とし... 続きを読む