m3.com トップ > 学会速報 > 第59回日本透析医学会学術集会> 取材速報

第59回日本透析医学会学術集会  【開催期間:2014年6月12日~15日】

自己血管内シャント作成から初回穿刺まで、3週間以上必要

2014年6月16日 

 名古屋市立大学心臓・腎高血圧内科学の佐藤諒氏らのグループはこれまで、自己血管内シャント(AVF)の作成から初回穿刺までの日数(time to first cannulation;TC)が短すぎることがバスキュラーアクセス(VA)の予後不良と関連するとの問題意識から、TCを3週間以上にすべきと提唱してきた。今回、佐藤氏らは、自験例の医療記録を後ろ向きに検討した結果を6月14日に発表し、最も適切なTCは21.5日(3週間)だったと報告した。  かつてはAVF作成早... 続きを読む