m3.com トップ > 学会速報 > 第32回日本骨代謝学会学術集会> 取材速報

第32回日本骨代謝学会学術集会  【開催期間:2014年7月24日~26日】

TRACP5b高値および低値、頸動脈肥厚と関連

2014年7月25日 

 近年、骨代謝異常と心血管疾患の関連が骨血管連関と呼ばれて注目を集めている。血管石灰化の進展と骨密度減少が相関することは報告されているが、骨代謝マーカーと動脈硬化の関連を検討した報告はない。そこで島根大学医学部臨床検査医学の矢野彰三氏らは、一般住民において頸動脈肥厚と骨代謝マーカーである血清低カルボキシル化オステオカルシン(ucOC)、酒石酸抵抗性酸性ホスファターゼ5b分画(TRACP5b)との関連について検討し、7月24日に発表した。矢野氏は、TRACP5bの高値および低値が頸動脈肥厚と関連す... 続きを読む