m3.com トップ > 学会速報 > 第80回 大腸癌研究会> 取材速報

第80回 大腸癌研究会  【開催期間:2014年1月24日】

北里大学・山梨高広氏がNCRTの長期成績および予後不良因子を検討

2014年1月24日 

 局所進行直腸がんに対する術前化学放射線療法(neoadjuvant chemo-radiation therapy;NCRT)は、欧米では標準治療の一つとして位置づけられている。しかに、日本における治療適応、併用レジメン、長期成績、予後因子などは明確化されていない。そこで北里大学医学部外科の山梨高広氏らは、局所進行直腸がん患者を対象に、S-1とイリノテカン(CPT-11)を用いたNCRTを実施し、長期成績と予後因子について検討した。山梨氏は、局所進行直腸がんに対するS-1+CPT-11併用レジ... 続きを読む