m3.com トップ > 学会速報 > 第52回日本癌治療学会学術集会> 取材速報

第52回日本癌治療学会学術集会  【開催期間:2014年8月28日~30日】

筋肉量10%以上の減少、大腸癌化学療法の予後予測因子の可能性

2014年8月29日 

 坦癌患者においては筋肉量が予後と相関することおよび進行性の筋肉量低下が全身状態の増悪を反映することが報告されている。そこで慶應義塾大学医学部外科(一般・消化器)の吉川祐輔氏らは、切除不能・再発大腸癌患者における化学療法導入前後の筋肉量変化と予後の関連を検討し、その結果を8月28日発表した。吉川氏は「CTによる筋肉量測定値の経時的変化は、切除不能・再発大腸癌患者の新たな予後予測因子となる可能性が示唆された」と解説した。  対象は、2007年11月-2011年10月に切除不能・再発大腸... 続きを読む