m3.com トップ > 学会速報 > 第52回日本癌治療学会学術集会> 取材速報

第52回日本癌治療学会学術集会  【開催期間:2014年8月28日~30日】

Stage 3胃癌術後補助化学療法の予後予測にmGPSが有用

2014年8月30日 

 胃癌の術後補助化学療法の有効性を検討したACTS-GC試験の結果から、Stage 2-3の胃癌に対してはS-1が標準治療として推奨されている。これを踏まえ、名古屋大学大学院医学系研究科消化器外科学の小林大介氏らは、Stage 3胃癌に対するより有効な周術期化学治療法の開発および効果や予後の予測に基づく個別化治療の確立を目指し、Stage 3胃癌術後のS-1補助化学療法症例を対象に、臨床病理学的因子と予後の関連について後方視的に検討し、その結果を8月29日に発表した。小林氏は、mGPS(modi... 続きを読む