m3.com トップ > 学会速報 > 第50回 欧州糖尿病学会(EASD2014)> 取材速報

第50回 欧州糖尿病学会(EASD2014)  【開催期間:2014年9月15日~19日】

2型糖尿病がHFpEF予後予測因子、スウェーデン調査

2014年9月18日 

 心不全は左室収縮機能に基づいて、「左室収縮性が低下した心不全」(HFrEF)と「左室収縮性が保持された心不全」(HFpEF)に分類される。HFpEFは高齢者や女性に多く、高血圧や糖尿病などを伴うことが多いとされている。今回、スウェーデン・カロリンスカ研究所のIsabelle Johansson氏らは心不全患者の全国登録(S-HFR)データを用いて、2型糖尿病とHFpEFの合併割合や予後に与える影響などを検討し、9月16日に発表した。Johansson氏は、HFpEF患者において2型糖尿病が独立... 続きを読む