m3.com トップ > 学会速報 > 第50回 欧州糖尿病学会(EASD2014)> 取材速報

第50回 欧州糖尿病学会(EASD2014)  【開催期間:2014年9月15日~19日】

80歳以上の高血圧合併2型糖尿病は状況に応じて140-150mmHgに降圧

2014年9月18日 

 世界的に高齢化が進む中、欧州ではプライマリケアにおける高血圧合併2型糖尿病患者の多くが75歳以上であるという。このような状況を背景に、欧州糖尿病学会と欧州心臓学会(ESC)の合同シンポジウム「高齢者における高血圧と血管老化」が9月17日開催された。本シンポジウムの中で、フランス・ジョルジュ・ポンピドゥー欧州病院のStéphane Laurent氏は高齢の高血圧合併2型糖尿病患者の降圧治療に関する知見を紹介した。  高齢者では圧反射感受性の低下や動... 続きを読む