m3.com トップ > 学会速報 > 第50回 欧州糖尿病学会(EASD2014)> 取材速報

第50回 欧州糖尿病学会(EASD2014)  【開催期間:2014年9月15日~19日】

新しい配合注IDegAsp、低血糖リスクを低下しHbA1c7%未満達成

2014年9月19日 

 IDegAspはインスリン デグルデク(以下、デグルデク)70%とインスリン アスパルト(以下、アスパルト)30%を配合した新しい溶解インスリンアナログ製剤である。IDegAspは二相性インスリン アスパルト30(以下、BIAsp30)に比べ、HbA1cの改善は同等かつ空腹時血糖値およびインスリン投与量を有意に減少し、低血糖の発現リスクも有意に低下したことがメタ解析によって示されている。今回、デンマークRigshospitaletのA. Vaag氏らは、IDegAspとBIAsp30を比較した... 続きを読む