m3.com トップ > 学会速報 > 第50回 欧州糖尿病学会(EASD2014)> 取材速報

第50回 欧州糖尿病学会(EASD2014)  【開催期間:2014年9月15日~19日】

腸管での糖取り込み、メトホルミンにより増強の可能性

2014年9月20日 

 18F-フルオロデオキシグルコース(18F-FDG)PET(Positron-Emission-Tomography)/CTにより、脂肪から熱産生を行う褐色脂肪組織において18F-FDGの集積が認められる。一方、腸管においても18F-FDGの生理学的集積が認められ、さらに体重減少作用が認められているメトホルミンの使用下でその集積が増加することが確認されている。そこでオランダAcademic Medical CenterのL. Bähler氏らは、18F-FDG-PET/CTを実施した患者におい... 続きを読む