m3.com トップ > 学会速報 > 第50回 欧州糖尿病学会(EASD2014)> 取材速報

第50回 欧州糖尿病学会(EASD2014)  【開催期間:2014年9月15日~19日】

中等度の腎機能障害を有する2型糖尿病、リラグルチドの有効性・安全性示す

2014年9月21日 

 糖尿病は腎機能低下を招く主要な要因のひとつであり、2型糖尿病患者では腎機能障害の合併がよく見られる。このような腎機能障害の合併は、2型糖尿病の治療選択肢の幅を狭めることにつながる。今回、米国エモリー大学医学部のG. Umpierrez氏らは中等度の腎機能障害を有する2型糖尿病患者を対象にGLP-1受容体作動薬リラグルチドの有効性・安全性を検証する二重盲検無作為割り付けプラセボ対照比較試験LIRA-RENAL試験を実施し、その結果を9月18日に発表した。Umpierrez氏は中等度の腎機能障害を... 続きを読む