m3.com トップ > 学会速報 > 第58回 日本糖尿病学会年次学術集会> 取材速報

第58回 日本糖尿病学会年次学術集会  【開催期間:2015年5月21日~24日】

インスリンデグルデク朝1回投与が早朝高血糖を抑制する可能性

2015年5月25日 

 基礎インスリン補充療法では持効型インスリンを1日1回投与するが、従来の持効型インスリンを用いた場合、就寝前に投与すると深夜の低血糖発現リスクが上昇し、患者QOLを損なう恐れがある一方で、朝に投与すると翌朝の空腹時血糖値が上昇するリスクがあった。持効型インスリンとして最も新しいインスリンデグルデク(IDeg)は、従来の持効型インスリンに比べて作用持続時間が長いが、その臨床的意義については十分に検討されていない。そこで、東邦大学医学部内科学講座糖尿病・代謝・内分泌学分野の鴫山文華氏らは、持効型イン... 続きを読む