m3.com トップ > 学会速報 > 第58回 日本糖尿病学会年次学術集会> 取材速報

第58回 日本糖尿病学会年次学術集会  【開催期間:2015年5月21日~24日】

朝食前後の血糖変動で1型糖尿病患者の夜間低血糖の有無を予測

2015年5月25日 

 ADVANCE試験のサブ解析では、重症低血糖は心血管イベントや死亡など、その予後を予測しうる因子であることが報告されている。低血糖は致死性不整脈の誘因になること、特に夜間低血糖は突然死との関連性が示唆されていることを考慮すると、夜間低血糖の発現を把握することは重要である。しかし、夜間低血糖は無自覚である場合が多く、その後に観測されるソモジー効果と暁現象の鑑別は困難である。こうした夜間の無自覚低血糖の検出には、持続血糖モニタリング(CGM)の実施が有用である。こうした背景の下、東京慈恵会医科大学... 続きを読む