m3.com トップ > 学会速報 > 第60回 日本透析医学会学術集会> 取材速報

第60回 日本透析医学会学術集会  【開催期間:2015年6月26日~28日】

腎性貧血を伴う血液透析患者において2種類の長時間作用型ESA製剤の有効性と安全性を比較検討

2015年6月27日 

 ヒトエリスロポエチン製剤(rHuEPO)の登場以降、腎性貧血の治療は飛躍的に向上したが、従来のrHuEPOは血中半減期が短いために、頻回投与が必要という課題があった。その後、血中半減期を延長させたダルベポエチンα(DA)、ポエチンβペゴル(C.E.R.A.)が開発され頻回投与の課題は解消したが、両薬剤ともに腎性貧血の適応を取得したのは最近のことであり、両薬剤の有効性と安全性と比較検討した報告は限られていた。こうした背景の下、社会福祉会法人 済生会熊本病院 腎・泌尿器センターの井上浩伸氏らは、腎... 続きを読む